Pairs、待望のアプリ内「ビデオデート」機能を4月20日より開始!

オンラインデートを強化し、新しい恋活・婚活体験を提供

 

国内最大級の恋愛・婚活マッチングサービス「Pairs」を運営する株式会社エウレカ(本社:東京都港区、代表取締役CEO:石橋準也)は、「Pairs」でマッチングしたお相手とPairsアプリ内でオンラインビデオ通話が楽しめる新機能「ビデオデート」を4月20日(月)より開始したことをお知らせします。【1. 開発背景】
これまで、お相手とのやりとりや会話にはメッセージが用いられてきました。しかし、メッセージだけでは会話の盛り上がりが掴めず、デートや恋愛関係に続かないこともあります。会員向けの調査でも、「(メッセージだけだと)相手のテンションがわからない」「人となりや雰囲気をつかみにくい」などの声も上がっていました。そこで、メッセージよりも手軽で楽しく安全にお相手を知り、マッチング直後からデートまでの高揚感を保ちながら関係を築けるコミュニケーション手段をご提供したいと考え、ビデオデートの開発を決定しました。また、昨今の社会的背景から顧客提供価値を優先し、当初の予定を前倒して本機能の追加をいたしました。

【2. 機能概要】
■便利で手軽な利用方法
マッチングしたお相手と3往復以上メッセージを行うとご利用いただけます。少し照れてしまう初めての会話でも気兼ねなく行えるよう、1回の通話には制限時間を設けています。なおβ版では、同じ方と2回目以降も引き続きビデオデートをお楽しみいただけます。

■安心・安全対策
Pairs内で完結するビデオ通話機能のため、電話番号や外部コミュニケーションツールのIDなどの個人情報を教える必要がありません。またご利用前には必ず「利用のためのマナー」をご確認いただき、相手が不快に感じるような言動を慎むよう注意を促します。ビデオ通話はAI技術などを活用して常時パトロールが行われ、不適切なコンテンツが確認された場合は強制的に通話が終了、必要に応じて警告や強制退会などの措置を行うため安心してご利用いただけます。

※ビデオデート機能は、4月20日時点ではiOSのみ対応です。Androidは順次対応予定です。
詳しくはhttps://www.pairs.lv/videodateをご覧ください。

今後、会話の盛り上がりをサポートする様々な機能を拡充し、オンライン恋活・婚活体験の強化をさらに加速させてまいります。また、ビデオデート機能の開始に伴い、公式コミュニティ「おうちでビデオデートしよう」が公開されました。ぜひコミュニティにご参加いただきご自宅での恋活・婚活にご活用ください。


【参考:Pairs会員向けのアンケート結果(一部抜粋)】
ビデオデートの開発にあたり、Pairs会員が恋活・婚活で感じる課題についてアンケートを行いました。
・調査期間:2020年4月13日(月)~4月14日(火)
・調査方法と回答数:インターネット調査で実施、Pairs会員より6,306件の有効回答を取得​

Q. マッチングしたお相手とのメッセージのやりとりで困ることはありますか?(複数選択)
1位 お相手のテンションやノリがわからない・合わせにくい …44.8%
2位 お相手の人となりや雰囲気がつかみにくい …40.0%
3位 リアルタイムな会話が難しい・タイミングを計りにくい …38.3%

Q. マッチングしたお相手とのデートについてどんな時に不安を感じますか?(複数選択)
1位 場所的・時間的になかなか会えない相手だと、マッチングを諦めてしまう …64.3%
2位 デートの日時が先だと、会うまでに気持ちが冷めてしまう …57.5%
3位 相手または自分が、互いに抱いている期待とズレていないか不安 …55.0%

「メッセージはリアルタイムなコミュニケーションが難しいため、相手の雰囲気や人となりを理解しにくい」と感じることが一定数あるようです。このことから、気持ちや期待にズレが生まれていないかという不安が生じたり、デートの予定が先になり恋愛関係まで続かないこともあるようです。

 

Q. マッチングしたお相手とデートする前に、Pairs上で行なっておきたいことはありますか?
「文章と写真以外で人となりを知り合いたい」

「メッセージの雰囲気や盛り上がりのまま会いたい」

Q. 「ビデオ通話機能」を利用したいと思いますか?また、それはなぜですか?

1位 直接会う前にお互いのことをもっと知り合えて安心できるから …77.4%
2位 新型コロナウイルスの影響で外でのデートが難しいから …77.1%
3位 時間や場所の制限を気にすることなく会えるから …38.2%

上記にあげたような不安を解消するために、デート前にメッセージや写真以外の方法でお相手を知る機会や、マッチング直後のお互い盛り上がった状態を維持したままデートを行いたいというニーズが浮き彫りになりました。また、ビデオ通話を利用したい理由は「事前にもっと知り合えるから」という意見も多い一方で、昨今の外出自粛状況も利用意向に大きく影響していることがわかりました。