Our Brands

Pairs Japan

国内最大級の恋愛・婚活マッチングサービス

「Pairs」は、日本と台湾で合計570万人以上が利用する、恋愛・婚活マッチングサービスです。マッチング数は、累計3200万組以上。Facebookの登録情報を活用しているので匿名性・機密性が高く、24時間365日のテキスト・画像投稿監視により、安心・安全に利用することができます。

今や日本国内のみならず、アジアにおいても少子化・晩婚化・非婚化が深刻な社会問題となり、国内の独身男女の「恋人がいない」割合が70%を超える一方で、米国では既婚カップルの3組に1組がオンラインデーティングサービスをきっかけに出会っているというデータがあります。こうした状況を踏まえ、私たちは日本発のマッチングサービスとして、オンラインデーティングを活用したパートナー探しのカルチャー作りに取り組み、1人でも多くの人が自分らしい生き方ができる社会の実現を目指しています。

Fostered true relationships

35,000組以上のカップルがPairsを通じて交際・成婚に発展

2012年10月のサービスリリースからこれまで、数多くのカップルの恋愛・結婚のきっかけをお手伝いしてきました。
Pairsでは豊富な検索機能や充実したコミュニティを通じて、自分の価値観に合う理想のお相手がきっと見つかります。

今日も幸せの報告が全国、そして海外からも届いています。これからも多くの素敵な出会いのきっかけが生まれることを願って、日々サービスの改善に取り組んでまいります。

Safe and Secure

お客様に安心・安全にご利用いただくために、Pairsはさまざまな仕組みを整えています。

  • 年齢確認が必須

    アカウント登録後、お相手とのコミュニケーションを開始する前に公的証明書による年齢確認を行っています。

  • 不正ユーザーの排除

    利用目的に問題があるユーザーアカウントをフィルタリングしています。今後は独自の機械学習機能も加えてさらに強化していきます。

  • カスタマーケア

    お客様からのお問い合わせ窓口をアウトソースせず、自社内で運営することで、迅速できめ細やかなサービス提供を行っています。

  • 24時間365日の監視体制

    不適切な画像やメッセージが投稿されることのないよう、24時間365日の監視体制で、常に安心・安全な利用環境を整えています。

Pairs Global

台湾を代表する
恋愛・婚活マッチングサービス「派愛族」

2013年10月にスタートした「派愛族」は、Pairs初のグローバル版です。リリース当初は、台湾国内で後発のマッチングサービスとしてのスタートし、現在は業界トップクラスの実績にまで成長しています。今後、Pairsは国内のみならず、台湾においてもさらに多くの人々の幸せのきっかけ作りのお手伝いをしてまいります。

Flagship of Asia

日本発のOnline Dating Serviceとしてアジアへ

国籍・言語・宗教は違えど、人生を振り返った時に抱く想いはきっと同じ。Pairsでは、台湾版での実績とIAC / Match Groupのノウハウを強みに、日本発オンラインデーティングのフラッグシップサービスとして、アジア圏における恋愛・婚活の新たなカルチャー作りにも取り組んでまいります。「Pairsがあって本当によかった」。一人でも多くの人にそう感じてもらえることを強く願って。

Couples

Online Dating Serviceから生まれた、カップルのためのコミュニケーションアプリ

「Couples」は、カップルのふたりを繋ぐ絆となる、コミュニケーションアプリです。アルバムにアップロードした写真をスライドショーで再生したり、カレンダーでふたりの予定を共有したり、デート情報をチェックすることもできます。カップルがいつでもお互いを近くに感じられるように、大切な絆をさらに深められるように、そんな想いが込められています。

Why we do what we do

私たちは、世界中の人々の人生を豊かにするものを自分たちの手でつくり出すため、2008年に創業しました。2016年、創業者である赤坂から私に代表のバトンが継がれましたが、会社としてのその思いは今も変わっていません。

私たちが言う”人生を豊かにするもの”とは、”あったら便利なもの”ではありません。「Pairsがあったから結婚できた」「Couplesがあったからあの時パートナーと別れずに乗り越えられた」。そんな風に世の中に存在することで、人々の人生に大きなインパクトを及ぼすプロダクトです。

そして、私たちはそのようなプロダクトを作っているからこそ、誠実で妥協のないプロダクトづくりと運営を徹底しています。キーボードをタイプするその指の先の、何百万、何千万、何億のカスタマーの存在をいついかなるときも忘れません。

モノづくりの先にある想いと、モノづくりそのものに対する想いをもって、世界中の人々の人生が豊かになる社会を実現します。

CEO

Junya Ishibashi