70日で40万DL突破!勢いが止まらないカップル専用アプリCouples、その成長の秘密とは?

初めまして!ディレクターの榊原です。
先月エウレカに入り、カップル専用アプリ Couplesのディレクターとして、日々奔走しています!

さて今回は、Couplesの誕生秘話に迫りたいと思います。
自社サービスであるpairsが成長している中、なぜカップル専用アプリ Couplesを開発することになったのか?新規サービスを立ち上げるプロセスや、気になる背景を探るべく、Couplesのプロデューサーを務めるエウレカ代表の赤坂にインタビューしました!

Couplesとは

恋人たちだけが使えるカップル専用アプリです。 リリース後70日間で40万DLを突破し、App Storeのレビュー数は12,000件を超えるなど、現在急成長中のカップル向けアプリなのです!日本ではまだ一般的ではないカップルアプリという文化を作り「カップルといえばカップルアプリ、カップルアプリといえばCouples」 となるであろう、期待のアプリです(期待してくださいね!)。
公式サイトはこちら>

企画

まずは企画についてのお話です。

サービス開発背景

ーーそれでは早速このアプリが生まれた経緯について教えてください。

赤坂「恋愛・婚活マッチングサービスpairsのリリースから18ヶ月が経過する中で、年間数万組のカップルが誕生し、結婚のご報告をいただく機会も増えてきました。 『pairsで人と人が新たに出会う場所を提供しているけれど、この場所を通じて出会い付き合う事になった恋人たちにも、より幸せになってもらえるようなサービスを提供できないだろうか?』pairsを運営する傍らでそんなことを考えるようになっていました。」

ーーなるほど。 運命の出会いを果たした恋人たちには、これから新たな生活が始まるわけですよね。 そんな彼らをサポートし、幸せな毎日を提供できれば…それがサービス誕生に繋がる最初の思いだったのですね。

 

赤坂「そこで、恋人たちがより幸せになり、彼らの生活がより便利になるサービスとは何か? 彼らは毎日スマホを通じて何をしているのか?を徹底的に追求してみました。」

ーーカップルの日常といえば、LINEで連絡をとったり、写真を送りあったり、カレンダーを開いて2人のスケジュールを共有したり、などいろいろなアクションが想像できますね。 ただ、メッセージは○○、写真は○○、カレンダーは○○など、複数のアプリを駆使して毎日のコミュニケーションを取っていることが分かってきました。

 

赤坂「“1人の相手とコミュニケーションをとるだけなのに、アプリをいくつも起動しなきゃいけないなんて、面倒にきまっている。”  “LINEのように多彩なスタンプでトークができて、カメラロールの写真もすぐに共有できて、Googleカレンダーみたいに2人の予定を一覧で管理できたらとても便利だ。”  “カップルなんだからお互いのプロフィールも必要だ。” と、そこから、カップルの利用頻度が高い機能を1つのアプリにまとめられれば、きっと便利に違いない!と感じました。」

ーーカップルが日常的にとる行動がすべて1つのアプリに集約されている…! コミュニケーション頻度の高い恋人たちにとっては最強のアプリですね!!

 

赤坂「そこでカップル向けアプリ市場の実態を調査すると、次の事実が分かりました。カップル向けアプリは、4年程前に韓国でBetweenが誕生し、韓国国内の20–30代のスマホユーザー400万人が利用しています。 20–30代のスマホユーザーは500万人というから、なんと市場の網羅率約80%!

glaf


一方で日本ではカップル向けアプリはまだまだ流行っておらず、この市場では遅れをとっています。日本国内の潜在マーケット1300万人に対して、現在140万人程度しかカップル向けアプリを利用しておらず、市場の10%程度にしか浸透していません。 これはチャンスがあると考え、2014年2月にカップル専用アプリCouplesの企画と開発をスタートしました。」

ーー既に隣国、韓国では需要が証明されている。ただ、まだ日本では未熟なマーケット。 サービスガレージを目指すエウレカとして、これを攻めずに見逃すはずはありません。

pairsで巡りあった恋人たちの先にある、カップル向けアプリの誕生。 そんな背景で開発がスタートしたのです。

ターゲット

ーー企画背景についてはよく理解しました!それではどのようなユーザーに定着すると予測したのでしょうか??

赤坂「当初はpairsの流れとして考えていたこともあり、大人の恋人同士が利用するサービスを目指す予定でした。しかし、日本ではカップル向けアプリという文化が根付いていません。そこで、まずは「文化の作り手」をターゲットにする必要があるのではないか、とターゲットを考え直しました。」

 

ーー「文化の作り手」ですか?

赤坂「いつの時代も新しい物を取り入れ文化を作ってきたのは『10代の若者』でしょう!」

 

ーーたしかに! 中高生の感度の高さには、いつも目を見張るものがありますね。 私にも高校生の妹がいますが、会話していると、自分がおばさんになったかのような疎外感があります(涙)。まあ、私も高校生の頃は、20代なんておばさん!なんて思っていましたが…。

 赤坂「例えば、LINEもスタンプを出す時にOL・女子大生・女子高生の3属性にグループインタビューをしたと聞きます。
(参考:http://engineer.typemag.jp/article/linelinefrom-woman-type
OLと女子大生のリアクションはイマイチだったのに対し、 女子高生は『何これ、チョーやばいんだけど!』と凄く盛り上がってくれたという事実と、その後のLINEスタンプの成功を見て『女子高生を中心とした10代をターゲットとしよう』と決めました。
カップル向けアプリが日本で当たり前の存在になれるかは、『10代の若者たちに受け入れられ、流行るかどうか』が明暗を分けると思っています!」

aka_1

ーーイマドキの10代がスゴいのは、流行ったものがあっという間にソーシャルツールで拡散される点です。Vineで爆発的に人気が出た、けみおくんのTwitterフォロワー数はなんと370,000人超!

10代という若さには、ブームの火付け役というすごいチカラが秘められているのですね。

主要機能

ここからは、アプリの機能について詳しく聞きたいと思います。
企画のコンセプトを、実際のサービスに、どう落とし込んでいったのでしょうか。

ーーメインターゲットは10代のカップル向けアプリ。その主要機能についてご説明おねがいします!

赤坂「Couplesの最も大事なコンセプトは『二人の思い出を美しく残す』ことです。それを実現するために必要なものは採用し、それ以外は排除していきました。」やはり、何事も集中と選択が大事なようです。 その結果、Couplesには5つの主要機能が搭載されました。

1. スライドショー

「スライドショー」では過去の二人の思い出の写真がランダムにアプリトップに流れます。

history_01

ーーなぜスライドショーという機能が必要だと考えたのですか?

赤坂「2年前に撮った何気ないあの写真が、恋人達の“あの時の記憶”を呼び起こし、『あの時の気持ちに戻って、改めてお互いを大切にしよう』と思ってもらえる事が目的です。」

 ーー付き合い初めの気持ちを忘れずにいることが、カップルが幸せに居続けられる秘訣なんでしょうね♡

 

2. 写真アルバム

2つ目の機能は「写真アルバム」です。Couplesではアルバム機能にかなりチカラを入れているのです!

album

ーー写真アルバムの特別なポイントはどこですか?

赤坂「従来のカップルは、自分のカメラロールには相手の写真があるけれど、自分の写真はないという事が多々ありました。どうにかして共有するためにLINEのトークなどを使って送信しあっているんです。『それは面倒くさいなー』と感じたのが、ここに注力しようと思ったきっかけです。二人の為だけのフォルダを1つ用意してあげるという意味で、ビジネス上で僕らが使うDropboxのようなものを、二人専用フォルダとしてカップルに提供するイメージです。
そして写真は大切な二人の思い出ですから、デザインにもこだわりました。アルバムの形を本型にしているのは、ただの写真を表示しているだけではどうしても無機質に見えてしまうからです。『恋人との思い出のアルバムだから、暖かみが欲しい』カップル達のそういう気持ちを残していきたいと思っています。
しかし、ただ可愛いだけでは十分ではありません!」

 ーーおお!さらなるこだわりが!

赤坂「快適に使ってもらうためには、アップロード速度の高速化が大変重要だと分かりました。 実際、1度に300枚の写真をアップロードするユーザーも少なくはありません。 そこで弊社エンジニア陣の技術を駆使して、高速化に取り組みました。今は、ほんの数秒で300枚の写真アップロードが終わるような設計になっています。」

 ーー300枚が数秒!! 1枚あたり何秒なんでしょうか?!(計算しようと思ったら指の数が足りない!)。毎日使うアプリなだけに、極力ストレスを感じないようにする、そんなこだわりが詰まっているのですね。

 

3. カップルプロフ

3つ目は「カップルプロフ」です。 プロフと聞いて、「前略」という単語が思い浮かぶ私は、もう若くないようです。

ーーこのページはどういう風に活用するものですか?

赤坂「二人の自己紹介を入力するスペースです。 普通のスマホアプリであれば、プロフィールは一人で入力するものですが、Couplesでは二人が揃って同じ項目に対して入力します。サプライズプレゼントの時に相手に聞かなくても良いように『指輪のサイズ』『靴のサイズ』『服のサイズ』『好きな色』などカップルならではの入力項目も作りました。」

 ーーこれは良い機能ですね!「サプライズであげた指輪のサイズが違った…」なんて、ありがちな失敗も防げます。

 

4. Q&A

さて、4つ目の機能は「Q&A」です。

profile_02-2

ーーここで恋人達は何をするのでしょうか。

赤坂「カップルのためのオリジナルの質問を約200個ほど用意しました。 内容は『はじめて会った時の印象は?』『飼うなら犬派?猫派?』『新婚旅行で行きたい場所は?』など様々です。特にはじめての印象など、気になっても、なかなか聞けないことってありますよね。でも、それがアプリからの質問なら答えられるものなんです。これらの質問に、二人で楽しみながら回答しあうことで、お互いのことをより深く理解しあえるようになる、という機能になっています。」

 ーーQ&Aを使うことで、さらに仲良くなれるのですね! 実はこの機能、実際にお客様からも「Q&Aのおかげでさらにラブラブになりました♡」なんて嬉しいお声をいただいています。幸せな話を聞くと、自分も幸せのおすそ分けをもらったような気持ちになります。

 

5. トーク

そして最後にご紹介するのが、二人のコミュニケーションを支える大切な「トーク」です。

chat

赤坂「トークの機能は非常に重要で、二人のコミュニケーションインフラになります。なので、遅延や不具合は絶対に許されません。0.01秒でも早く・正確に相手の元に届けるよう、全力を尽くしています。機能の追加もどんどん行っており、直近ではボイスメッセージが送れるようになったり、スタンプショップがオープンしたりしています。今後の予定では動画が送れるようにもします!」

 

ーーサービス誕生のきっかけから、各機能の設計まで、一貫してユーザー目線で徹底して掘り下げて、ユーザーがまだ気づいていないインサイトを探り当てて行くのですね!

 

いかがでしたか?
カップル専用アプリ「Couples」が生まれるまでには、こんな経緯があったのですね。
「絶対に伸びる市場 × 厳選された機能 × 洗練されたデザイン」
好条件を揃えて、Couplesは只今、爆速で成長中です。
まだまだリリースしたばかり、やることは盛り沢山。
日本中、いや世界中のカップルに満足してもらうため、Couplesチーム一同、引き続き尽力していきます!

team

 

ところで、私もそろそろCouplesを一緒に使えるステキな相手が欲しいものです…。
まずはpairsを頑張るところからはじめなければ。

新しいサービス、新しい文化を作り上げていきませんか?
一緒にがんばりたい!という方、お待ちしています。